CRITEO(クリテオ)社のダイナミックリターゲティングが誕生した歴史と特徴まとめ

はじめに

近年ダイナミックリターゲティングというマーケティング手法で台頭をしてきたCRITEO社と今までのネット広告の歴史を紹介します。現在は最先端ともいえるダイナミックリターゲティングが誕生した歴史を紹介します。

ターゲットを決める

オンライン広告はまずターゲットを決めようというところから始まりました。これはオフラインでも同じことが言えます。性別・年代・嗜好・趣味・職業・年収・地域などの範囲から属性にあったターゲットを決めていくという手法です。広告主はこれらのデータを基に販売したい商品やサービスにマッチするメディアを選んでいきます。

リスティング広告

その後リスティング広告が出てきました。グーグルとヤフーが2002年に相次いでリリースしました。このリスティング広告は今現在のユーザーが自分の意思で検索をしているキーワードに合った広告がダイレクトに出てくるというものです。リスティング広告は年々市場のシェアを伸ばしていきました。今やグーグルとヤフーのリスティング広告はネット広告の中では一大勢力を占めるようになりました。

アドセンス広告

リスティング広告にも問題点が出てきました。ユーザーが検索をしても目的のページを長く見ないということです。ユーザーは検索で情報を探したい。対して広告主側は商品を販売したいということで目的が多少合わないということです。そこでリスティング広告のランディングページの滞在時間があまり長くならないということが分かってきました。

そこでアドセンス広告というものが2007年前後に台頭してきました。このアドセンス広告はWEBサイトを多数集めて広告を配信していく手法です。複数のWEBサイトを媒体としているので多くのトラフィックを確保することができます。この点で広告主側に大きなメリットが期待できます。ネットサービスを提供している媒体側からみるとアドセンスワーカーに対して広告掲載の受注や掲載を任せられるというメリットもあります。

オーディエンスターゲティング

ただアドセンス広告は自社のターゲットと全く関係のないサイトに広告が掲載されてしまったり、不適切なサイトに広告が掲載されてしまうなどの大きな難点が出てきてしまいました。アドセンス広告はあまりうまくいかなかったというイメージがあります。

そこでオーディエンスターゲティングというものが出てきました。オーディエンスターゲティングは広告配信でのターゲティングではなく、どのようなサイトを経由してどのような商品を買ったのかというオーディエンスデータを基に行うターゲティングのことをいいます。このオーディエンスターゲティングによって広告主は購買層に好ましいデータを指定できます。また媒体を管理するものはどのようなユーザーなのかを提供します。また売値と買値を指定するという新しいマーケティングが出てきました。

売り上げにつながらない

ただオーディエンスターゲティングは自社のサイトを見に来るユーザーが増えてもそれが収入につながらないという大きな問題が出てきたのです。ネットショップに来ても商品を購入する方は全体の3%程度と言われています。残りの95%以上の方は商品のサービス情報を見ただけで購入をせずに帰ってしまうということです。

リターゲティング広告

この帰ってしまった方に対してターゲットにしたのがリターゲティング広告です。リターゲティング広告はユーザーの行動をチェイスして、他のサイトの広告枠で同じ広告主の広告を表示させるための手法のことです。サイト訪問者に対して単にバナー広告を掲載して再訪問を促すだけではなく、離脱したユーザがどんな商品を見たかという情報を把握した上でのダイナミックリターゲティングの流れを作りました。

ダイナミックリターゲティングとは

ダイナミックリターゲティングとは離脱ユーザーをサイトに戻すだけではなく、ユーザーが閲覧はしていないものの興味や関心があると思われる商品をバナー上で表示してページに誘導をしていきます。

このダイナミックリターゲティングはリスティング広告と並ぶネット広告配信の成功事例といえます。CRITEOはダイナミックリターゲティングの分野で13%程度の費用対効果を出しています。これは同業他社の数字を圧倒的に上回ります。CRITEOのダイナミックリターゲティングは今後も進化をしていくのではないかと思われます。

特長

CRITEOのダイナミックリターゲティングの特長を紹介します。

ユーザーが商品を購入するまで適切なタイミングで広告を配信します。CRITEOのAIエンジンが単純なカスタムコードをサイトに埋め込むだけでユーザーの好みを分析して適切な商品で広告が表示されるようになります。

また利用可能な最適な広告枠にアクセスをすることができます。Criteoのコマースマーケティングエコシステムは世界中のトップパブリッシャーを何千社も有しているのでサイト全体でより効果的な表示位置を確保することができます。

また何もせずにウエブサイトから出ていってしまうユーザーの売り上げを上げていきます。パーソナル広告のオファーを適切なタイミングで提供していくことで訪問者に購入のアクションをさせることが可能になっています。

購入をした方の3割弱の方がユーザー自身が見たことのない商品を購入しています。それだけCRITEOのAIエンジンがユーザーの興味ある商品を予測してユーザーが好みそうなものを表示していきます。あらゆる商品のキャンペーン時のパフォーマンスを大きく上昇させる自信があります。

CRITEOはダイナミックリターゲティングという手法で大きな成功を収めました。このダイナミックリターゲティングという手法はネット広告の中でも長期生き残る可能性が高そうです。ユーザーのニーズをより高感度で判断して適切な商品をタイミングよく表示していくという手法はかなりの確率でユーザーの購買という行動をさせていくことにつながりそうです。

参考資料
https://www.criteo.com/jp/insights/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%EF%BD%9E%E3%80%8C%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%86%E3%82%A3/

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    パワーマッチング株式会社とは?

    パワーマッチング株式会社とは? 新規のお問い合わせが殺到し過ぎて、 自社でさばききれなく…

ピックアップ記事

  1. 「トイレの神様 」のテレビCM 「続きはWEBで!」「〇〇〇で検索!」お決まりのフレーズがあります…
  2. パワーマッチング株式会社がプロデュースしているオウンドメディアである「全国進路相談センター」に高校生…
  3. パワーマッチング株式会社独自のコンサルティングとは? パワーマッチング株式会社では、広告費0で…
ページ上部へ戻る