Instagramの歴史とInstagram広告

はじめに

Instagram(インスタ)の歴史と広告の配信方法などについて紹介します。Instagramは若い女性のアイテムという印象があるも最近はそうでもないようです。20代から50代の方が多く利用しています。さらに60代の方も10%以上の方が使用しています。SNSは今後は若い方よりも中年や年配の方が利用するかもしれないという予測をしています。若者は前述したTikTokのようなコミュニケーションよりも動画SNSとかの方が受けがいいかもしれません。

Instagramの歴史

Instagramの歴史を紹介します。

2010年10月:Instagram誕生

2011年1月:Instagramの象徴であるハッシュタグ機能を導入します。

2011年7月:画像の投稿件数が1億件を突破します。

2011年9月:ユーザーが世界で1000万人を突破します。IOS版でこの数字はかなりの衝撃だったとか。

2012年4月:InstagramをFACEBOOKが買収します。

2012年7月:ユーザーが世界で8000万人を突破します。

2012年11月:パソコン版をリリースします。

2013年2月:月間のアクティブユーザーが1億人を超えます。

2013年6月:動画機能をリリース。初日で500万本の動画が公開されます。

2014年2月:日本語版がリリースされます。

2014年12月:アクティブユーザーが3億人を突破。TWITTERのアクティブユーザーを超えます。

2015年5月:Instagram広告が日本でも導入されます。

2015年9月:カメラ機能が高まったIPHONE6が発売

2015年末:企業の公式アカウントが5000社を超えます。

2016年8月:ストーリーズ機能を提供開始します。

2016年12月:投稿の保存機能をリリースします。また動画機能の拡充が進みます。

2016年末:企業の公式アカウントが1万社を超えます。

2017年3月:ストーリーズにも広告の配信が可能になります。

2017年12月:インスタ映えが流行語大賞に選出されます。インスタで有名人と一般人の交流が本格化した年でもあります。

2018年5月:アクションボタンが導入されます。

2018年6月:アクティブユーザーが10億人を突破します。またIGTVという長時間の動画を配信できるアプリをリリースします。

2018年9月:ストーリーズ投稿にもショッピング機能が導入されます。

2019年3月:ストーリーズ広告がインタラクティブ要素に対応します。

2019年末:日本のアクティブユーザーが3000万人を突破します。

インスタ広告

ここからはインスタ広告について紹介します。広告は画面いっぱいに表示されます。広告には画像広告・動画広告・カルセール広告・コレクション広告・ストーリーズ広告・タブ広告などがあります。

画像広告はシンプルできれいに魅せるのがコツです。正方形または横長型で配信できます。

動画広告は画像広告と同様に画面いっぱいに広がる上質なビジュアルだけでなく、音と動きを上手く使って内容を伝えることがコツです。最長2分間の動画を正方形または横長型で配信できます。

カルセール広告は写真や動画を複数並べて指で次の写真や動画を表示できるので簡単にできます。ストーリーを深く伝えることができます。

コレクション広告はビジュアルでターゲット層の想像・ひらめきを喚起します。その後に商品の発見・閲覧・購入を促すことができます。動画・画像またはその両方で製品やライフスタイルに焦点を当てた総合的なストーリーを作っていきます。

ストーリーズ広告ではストーリーズを利用する5億アカウントの方と潜在的につながることができます。

タブ広告では新しいものを積極的に探している人にリーチします。フィード広告の配信を拡大してフォロー中のアカウント以外にも興味の範囲を広げたい人にも宣伝をしていきましょう。自身で広告を作成して利用を開始できます。

配信方法

インスタ広告の配信方法はアプリ機能を使用・インスタグラムパートナーを利用・広告マネージャーを使用の3種類が主になります。

アプリ機能が最も気軽な配信方法といえます。インスタでシェアをしている投稿を宣伝するだけです。宣伝したい投稿を選択するだけで広告をタップして表示した数と広告に対してアクションを起こした数をトラッキングできます。

インスタグラムパートナーでは広告作成の時間がない時や支援が必要な場合に利用することができます。広告の購入からクリエイティブの調達そして配信まであらゆる面でサポートを受けることができます。パートナーはその道の専門分野で実績を挙げている方が多くインスタグラムによる認定を受けています。

広告マネージャーはFacebookで最も利用されている強力な広告作成ツールです。インスタグラムのキャンペーン・広告セット・広告を1か所で設定できます。設定を容易に変更できることそして結果を用意に確認できます。デスクトップとモバイルの両方で利用することができます。

ターゲット層をどうするか

インスタ広告を配信するターゲット層を決めていく必要があります。本当にリーチしたい方に広告を配信することが大事です。

まず地域を絞ることが大事です。国レベルからある地域まで(たとえば東京都港区白金台とか)というように具体的な場所を考えていきます。

利用者層のデータを考えていく必要があります。年齢・性別・使用言語などを基にターゲットを絞り込んでいきます。

興味関心を調べることも大事です。利用しているアプリ・クリックをしている広告・フォローしているアカウントなどの趣味や関心などをリーチしていきます。

行動ではインスタグラムやFACEBOOKでの行動やそれ以外の行動を調べていくことが大事です。

カスタムオーディエンスではメルアドや電話番号を基にしてインスタを利用している既存のカスタマーにリーチしていきます。

類似オーディエンスでは既存のカスタマーと同じ特徴を持つ人々を新しく探してリーチをしていきます。

自動ターゲット設定では場所・人口統計データ・興味や関心などの様々な条件を利用していくことでビジネスに関心のあると思われる方のターゲットに比較的容易にたどりつくことができます。

ビジネスに上手く活用する

広告はただ掲載するだけでは全く意味がありません。ビジネスにしてなんぼです。そのためには認知させる・データを検討する・コンバージョンをアップさせるという作業が必要になります。インスピレーションをかきたてることそしてアクションを起こさせることで実際の成果につなげていきます。そしてあなたにとっての価値のある顧客をつかんでいくことです。

認知は商品・サービス・アプリの認知度を高められます。リーチ・リーチ&フリークエンシー・認知力アップ・近隣エリアへのリーチなどがしやすくなります。

検討は商品やサービスの内容を詳細に伝えることができます。ウエブサイトのクリック・動画再生・リーチ&フリークエンシーなどがしやすくなります。

コンバージョンは商品の売り上げやモバイルアプリのダウンロードはもちろんのこと、実店舗の来客数を伸ばしていきます。ウエブサイトコンバージョン・インスタグラムダイナミック広告・モバイルアプリインストール・モバイルアプリエンゲージメントなどが増えます。

広告の作成

インスタで実際に広告を作ってみましょう。FACEBOOK同様にキャンペーンを設定・実施・追跡できます。インスタグラムもしくはFACEBOOKの広告作成が初めてという方のための広告の掲載方法を紹介します。

1:まずFACEBOOKページとビジネスプロフィールを作ります。インスタ広告を載せるにはこの2つが必要になりますので作成が必要になります。
2:次に広告マネージャーで広告の掲載目的・ターゲット層・広告フォーマットを選択していきます。もしくはインスタに公開済みの投稿を1つ選択して広告の作成をタップします。そこで自動を選択することでお任せで既存のフォロワーと共通の特徴を持つ方にリーチできます。
3:次にインスタ広告の予算を決めます。どの程度になるかを経験によって修正・想定していくしかありません。
4:広告の用意をして投稿します。広告が承認されて配信できる状態になると通知が来ます。これで商品をインスタ広告に掲載することができます。

インスタ広告も中年・年配の方が利用することになりました。今後はビジネスとして成り立つことも予想されます。ただ現在の段階ではまだインスタを利用してもなかなか事業化は難しいかもしれません。ただブランドのあるアプリ会社とかであれば自社のアプリをダウンロードさせるなどのことは可能かもしれません。当面はその程度なのかなという気がします。

参考資料
https://webtan.impress.co.jp/u/2019/04/24/32522
https://media.somewrite.com/instagram_history/#20111000
https://business.instagram.com/advertising?locale=ja_JP

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    パワーマッチング株式会社とは?

    パワーマッチング株式会社とは? 新規のお問い合わせが殺到し過ぎて、 自社でさばききれなく…

ピックアップ記事

  1. 「トイレの神様 」のテレビCM 「続きはWEBで!」「〇〇〇で検索!」お決まりのフレーズがあります…
  2. パワーマッチング株式会社がプロデュースしているオウンドメディアである「全国進路相談センター」に高校生…
  3. パワーマッチング株式会社独自のコンサルティングとは? パワーマッチング株式会社では、広告費0で…
ページ上部へ戻る