TikTok(ティックトック)の歴史とTikTok広告

はじめに

TikTok(ティックトック)とは中国のByteDanceという会社が開発した短時間型の動画アプリで若者を中心に人気があります。TikTokは中国が開発して日本に流行ったという稀有な商品です。

2016年にサービスをリリースした比較的新しいサービスですが、他の動画投稿サービスを圧倒しています。若者の間ではFACEBOOKどころかLINEからも離れてしまっているという事実があります。このようなユーザーがTikTokの法に流れているという可能性もありますね。

魅力

TikToKの魅力は15秒から最大でも1分程度ということで短時間で物事を伝えようとする点です。ちょっとしたところでみることができるのでどこでも見ることができるのが魅力といえます。また早送りや戻しなども自由にできるので面白いところを何度も見ることができるのが魅力といえます。

また自由にBGMなどをつけることができること・専門の動画編集などができなくてもそれなりの面白い動画が作れるという点でも若者の支持を得ています。

またTikToKは友達以外の投稿した動画を見ることができるという点で楽しめるという点が魅力ともいえます。朝の電車やバス待ちなどの時間を潰すことができるという点でも人気があります。

歴史

TikTokの歴史を紹介します。

2014年:TikTokの元となったサービスがmusical.ly。これがTikTokの元祖ともいえます。

2016年:TikTokが本格的にスタートしました。誰もが簡単に閲覧・検索・投稿ができるというところに人気があります。

2018年:TikTokとmusical.lyは正式に合併してアカウントとデータも統合されました。それぞれの人気が高かった機能も統合されていきます。中国初の動画投稿サイトとして世界的な広がりをみせつつあります。日本でも10代などの若者を中心に人気があって2018年の流行語大賞にノミネートされるなど注目度抜群となっています。

年齢

TikTokは13歳以上でないと使用ができません。だいたい中学生から利用ができること。小学生はダメそうです。12歳以下のお子さんはダウンロードができないようになっています。ただ親・兄弟・友人と一緒に見ることはできますのでこの点どうなのかなという指摘もあるようです。

機能

TikTokではどのようなことができるのか?

まず動画を通して友人や通りすがりの人とコミュニケーションを取ることができます。同じ趣味や志向の仲間を集めてコメントなどを発信することもできます。誰かが新しいアイテムを作っているので面白さが常にあるという点で魅力があります。

次にある動画を友達とシェアができるようになっています。これは他のSNSなどの機能でも使えますね。動画の公開の範囲を自分の知り合いに限定するか・他の世界中の方にするかという選択をすることもできます。様々なプライバシー設定ができるという点もメリットとしてあります。

TikTok広告

2020年にはTikTokは世界で1億人・日本でも1000万人前後のユーザーが要るのではないかと言われています。主に10代・20代の若者が大半で女性が3分の2近くを占めています。

動画広告はアプリの起動画面広告・コンテンツ内のチャレンジ広告・動画内のインフィード広告内に貼ることができます。

OSはアイフォン・アンドロイド、性別は男女、時間帯は自由、通信環境はWi-Fi・4Gなどすべて、言語は日本語・中国語、国は日本・中国・台湾などが対象です。

TikTok広告のユーザーは若いので広告を載せても今すぐに多くのアクションが出るかどうかは難しいところがあります。ただ表示数を膨大にすること・先を見据えて新たなサービスを次々に打ち出そうとしている方にはTikTokを利用して稼げるチャンスがあるかなといえそうです。

注意事項

広告を出稿するときに注意すべきことがあります。

アイコンの位置などを意識して動画を作ること。
表示領域を意識してコンテンツを作成すること。
広告の音源は必要。ただ既存の音源は使用できません。
オリジナルな楽曲を加えること。

参考資料
https://coeteco.jp/articles/10716#content_1
https://acedirection.co.jp/tiktok%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-2

    パワーマッチング株式会社とは?

    パワーマッチング株式会社とは? 新規のお問い合わせが殺到し過ぎて、 自社でさばききれなく…

ピックアップ記事

  1. 「トイレの神様 」のテレビCM 「続きはWEBで!」「〇〇〇で検索!」お決まりのフレーズがあります…
  2. パワーマッチング株式会社がプロデュースしているオウンドメディアである「全国進路相談センター」に高校生…
  3. パワーマッチング株式会社独自のコンサルティングとは? パワーマッチング株式会社では、広告費0で…
ページ上部へ戻る